キャベツ バストアップ

サプリメントで胸を大きくしたい!プラセンタとバストアップの関係

巷で噂のサプリメントによるバストアップ方法ですが、一体どんなサプリメントを選べばいいのか迷っていませんか?よく耳にする“プラセンタ”って何なのでしょう?美容液に入ってるというのはよく聞くけれど、バストアップにも効果があるって本当なのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方のために、ここではプラセンタについて少しご説明したいと思います!

まず、プラセンタとは英語で「胎盤」のこと。赤ちゃんがお腹の中で成長するために必要な栄養素を運ぶ、女性の体の中でもとりわけ大事な部分です。胎盤には細胞分裂を促すために要素が沢山存在しています。そんな成長因子や栄養素だけを抽出したものがサプリメントの「プラセンタ」。プラセンタのサプリメントといっても胎盤自体をタブレットやカプセルにしたのではありません。そして、胎盤というと人間のもの!?と誤解されるかもしれませんが、市販されているものは【馬】【羊】【豚】などから成分のみ抽出されているものなのです。

プラセンタには、主に美白効果・たるみやシワの改善・血行促進を促す効果があります。美容液に含まれる含まれているプラセンタにはこれらの効果が期待されています。胎盤が持っている成長因子(細胞分裂の活発化)を利用して、肌のアンチエイジングを目指しているのですね。さらにプラセンタにはこのほかにホルモンのバランスを整える作用も含まれているのですが、実はこれこそがバストアップ効果を期待できる理由です!

人は、ほんの小さじ程度の量ですが、ホルモンのバランスが崩れると、必要な栄養素が必要な器官に送られずに体調を崩したりしてしまいます。かといって女性ホルモンを増やせばいいというわけではありません。過剰に女性ホルモンが増えてしまうと乳ガンなどの女性だけが発症してしまう病気を発症してしまう恐れがあります。大事なのはバランスです。ホルモンバランスは微妙な加減で“ちょうどよく”保たれていることがベスト。プラセンタ(や、他のホルモンバランスを整えられるような要素)を取り入れることでそのベストバランスを上手に保つことができれば、正常な女性ホルモンの働きによって体つきをより女性らしいものにしていくことができます。

また、プラセンタは代謝機能を促進するという力を秘めています。つまりバストアップに際しては、バストアップエクササイズと併用することで、胸を大きくするためによりよい効果を発揮できるということ。

あまりにも話題になりすぎて、プラセンタのサプリメントは偽物も含めて大量に出回っているようです。プラセンタサプリメントを使ってみたいと思ったら、まずは最寄りの薬局で薬剤師さんに相談してみるのが良いでしょう。ネット通販でも購入することはできますが、前述の通り偽物かどうかの判断がつきにくいですし、輸入品などは特に、サプリメントの安全性も低いものです。よっぽど信頼できる商品であれば問題はないと思われますが、やはりサプリメントというと口にするものですから、充分に安全性を確かめたうえで、適量を服用してくださいね。

テープを貼るだけで胸が大きくなる?話題のバストアップテープとは

胸を大きくするために、バストアップ効果があると言われている食品を食べたり、サプリメントを飲んだり、運動したり……時間と手間をかければ胸は大きくなるかもしれませんが、明日、いや今日、いますぐ胸を大きくしたい!というより、大きく見せる必要がある!という人におすすめなのがバストアップテープです。

海外セレブの間では有名で、日本でもテレビで取り上げられて知名度があがったこのバストアップテープ。まさに物理的に胸を大きく見せるための女性必見・秘密アイテムなのです。バストアップ効果のあるブラジャーと併用すればキレイな谷間を作ることができますし、例えばブラジャーの紐を見せたくないような服装のとき(肩や胸元が広く開いたドレスを着ているとき)などには重宝されています。

バストアップテープは専門的なものではないので、普通に市販されています。ただ、店頭販売ではあまり見かけることはなく、大半はインターネットで通販で購入するしか方法がありません。見た目は透明で、アーチ型をしています。どこに貼りつけるかというと、乳房の真ん中部分。テープ自体はさほど大きなものではありません。少し細長くて、ゆるやかなカープを描いています。

貼り方ですが、まず乳首にニップレスを貼りましょう。乳首保護のためです。次にバストアップテープの半分だけを乳首の上あたりに貼ります。脇からぐっぐっと胸を持ち上げる感じ。テープの残り半分は、胸全体を持ち上げる感じで、バストの上中心部分に貼ります。以上で完了です!

テープがバストにぴったり密着していて、ブラジャーのように布の厚みがないのでアウターに響きません。タートルネックを着用したときなどもキレイなバストラインが完成!ジャケットで隠さなくてもよくなります。むしろ見せたい!と思えるほど。

ただ、このテープを使った物理的なバストアップ方法には欠点もあります。それは、胸が小さめの人だと上手にテープを貼ってもバストが上手く盛り上がらないこともあるということ。また、肌の弱い人には向いていないということ。テープの粘着部分でかぶれを起こしてしまう人もいるようなので、使用の際は最初にパッチテストを行ってください。せっかくキレイな胸の形を作れても、肌に損傷があっては大変です。肌に異常を感じた時は、テープを使うのをやめて皮膚科に相談しましょう。

余分な脂肪をバストに変えていく!マッサージで胸を大きくしよう

ぽっちゃり体型の人の悩みは、そのほとんどがアゴ下、お腹、お尻、太もも周りのお肉――というよりは、脂肪の多さだと思います。女性ってストレスに悩まされやすい生き物で、ただでさえバイオリズムで月に一度は無性に腹がたったりやたらお腹がすいたりするのに加えて、仕事や人間関係で上手くいかないことがあると甘いものでお腹を満たしたくなります。そうするとついつい食べ過ぎたり、ガツガツ間食したりしちゃうんですよね。

で、脂肪がたくさん体についてしまうわけなのですが。この脂肪、どうせつくなら、顔とかアゴとかお腹周りじゃなくて、胸について欲しいなと思ったことはありませんか?または、今ぶよぶよしているこの太ももとお尻のお肉……胸のお肉と交換したい、とか。

太ももとお尻のお肉を胸に移動させるのはちょっと無理がありますが、アゴの脂肪や脇下、二の腕まわりの脂肪は、上手くすれば胸のほうへ持っていけるかもしれません。そのために必要なのは「運動」?いいえ、マッサージ、です。

例えばこれが「痩せたい!」というお悩みについての回答であれば、有酸素運動をしましょう!とか、汗をかきましょう!というお話になるところなのですが、これからご紹介するのはバストアップを目的としたマッサージ方法です。「運動神経がないから……」とか「続かないかも……」と心配する必要はありません。たとえ運動が苦手なあなたでも、要らないところの脂肪をマッサージによって胸へ胸へと流していきましょう。さらに、このマッサージを行うことでバストまわりの筋肉を鍛え挙げられたあかつきには、普段の何気ない動きだけでも脂肪が燃えやすくなり、胸周りをスッキリ美しいものにすることも可能です。どうでしょう?興味がわいてきませんか?

マッサージ方法はとっても簡単。まず両手でバストの谷間、ちょうど中心にあたる部分を強く押しましょう。3回~10回くらいです。

そのあと右手を、まずは左脇にセット。そこから左胸のアンダーラインをなぞるように中心まで手を滑らせて(ぐ~っと押しながら胸の筋肉を刺激するイメージです)胸を持ちあげ、手が中心に来たら今度はそのまま右胸の上をぐ~っと右脇までマッサージ。次は左手で、右脇から同様の動作をします。この両手の動きを真正面から見ると、胸の前でちょうどXの形を描くような感じです。

最後に、胸と脇の付け根あたりから二の腕の裏までを、反対の手で直線にぐぐ~っと押さえながらスライド。胸と脇のところにあるリンパ節を刺激していきます。

このマッサージを最低3回は繰り返してみてください。胸の中心を刺激することで胸を支えている筋肉を強くして、バストを上へ持ちあげる力がつくほか、脇までのリンパ節を刺激して老廃物を体から排除、胸周りの余計な脂肪を燃焼できます。アンダーバストは手のひらでお腹から胸までを上へ上へと持ちあげることで、垂れ下がった胸のお肉を下着に収めることができますよ!

ちなみにリンパを刺激するマッサージについては、下半身にも応用できます。脚の付け根から太ももにもシンパ節がありますで、そこをマッサージすることによって脂肪を燃焼する力が高まり、太ももスッキリさんになれます。ただし、残念ながら胸のほうに脂肪が移るわけではありません。が、バストアップとともにダイエットもお考えの方の参考になれば幸いです!

脂肪吸引してから注入するバストアップってどういうもの?

バストアップにいいと言われたメニューで食事をしていたけど効果がないとか、エクササイズをしてもなかなか思うような結果を得られない……。それでも胸を大きくする夢をあきらめたくない!というと、最終的にはやはり美容手術によって胸を大きくしたいという考えに到達しますね。

よく耳にするのは「吸引した脂肪を胸に注入してバストアップを図る」というもの。なんとなく仕組みをわかるような……という人はいらっしゃるようですが、実際どのように行われているのかは、なかなか知られていないようです。

最近の脂肪吸引、及び注入でのバストアップ美容整形手術は、メスを入れずに痛みも軽減されたものが登場しました。

まず気になる個所(下腹、脇腹等)から脂肪を吸引します。このとき、吸引した脂肪から脂肪幹という細胞組織をとりだしておきます。従来は取り出した脂肪を脂肪幹と分離せずにそのまま胸に注入していました。シリコン等の人工物ではなく自分の脂肪を取り出して使用するのでアレルギー等の心配がありませんが、脂肪が胸に定着する確率が低く、手術の失敗も多かったのです。

そこで近年、新しく施行されるようになったのが、脂肪から取り出した脂肪幹を再度胸に注入する方法。脂肪幹は脂肪の元のようなもので、脂肪と共に胸に注入することで、脂肪の胸への定着率を上げる力を持っています。この吸引と注入をメスを使わず行うので、体に傷が残ることがほとんどなく、痛みも軽減できるというわけです。手術にかかる時間が一時間半ほどという短い時間なのもメリットですね。

ただ、この手術にはメリットだけではなくデメリットもあります。それは、術後に通院が必要なこと。胸の腫れや手術による鈍痛などがしばらく続いてしまうこと等です。術後すぐはお風呂には入れませんし、激しい運動等も一定期間はしてはいけません。しばらくお酒も飲めません。そのような弊害があっても大丈夫な方で、お金に余裕があるなら、脂肪吸引と注入の手術で胸を大きくするというのもまた一つの方法ではあります。

こうした手術を行っている美容整形クリニック等では手術の前にカウンセリングを行ってくれます。本当に自分にあった方法なのか、術後に心配なことはないか、詳しい話を聞いてからの施術になりますので、相談するだけでも価値はあるかもしれません。

バストアップに成功した人達が試してきたのはこんなこと!

なかなか一筋縄ではいかないのがバストアップ。植物を育てるときのように、「大きくなれ~、大きくなれ~」と言葉をかけて胸が大きく育つものならそうしたい……のですが、その光景はなんだかシュールな上、実際全く効果がありません。こうなったらもう豊胸手術に頼るしかないのでしょうか?だけどそんな手術にかけられるだけのお金はないし……。

バストアップ方法だけを探すと、わんさかと出てくるマッサージの例やエクササイズの紹介。食事改善の記事やサプリメントのついての話、ホルモンの話まで多種多様です。でも世の中のバストアップ挑戦者の皆さんは、一体どのような方法を実践してきたのでしょうか?まさかその全ての方法を試しているのでしょうか?いや、何か必ず、これぞという効果を発揮するバストアップ方法があるはず!

気になったので、数多くの女性がバストアップに挑戦しているなかで成功率の高い方法とは一体何なのか、調べてみることにしました!とにかく、“バストアップ”“成功例”などという言葉でインターネットの海の中を探索していくこと数時間……。

もっともよく目についたのが「私はリンパマッサージで胸が大きくなりました!」というブログ記事。成功している人の多くがこのリンパマッサージによって、1サイズ~2サイズ、胸が大きくなったという結果を叩きだしているようなのです。

リンパマッサージというと、身体に張り巡らされているリンパ腺を刺激するマッサージのことですね。やってみる価値はありそうです。さらに、リンパマッサージで成功した人の中には、矯正下着を併用している方もいらっしゃいました。矯正下着というとなんだかカタイ印象がありますが、市販されている「寄せて上げる効果」があるブラジャーのことのようです。

また、ある女性は40歳代にして、リンパマッサージによるバストアップを成功させたそうです。年齢や体型には関係なくバストを大きくすることが可能だとわかって感動したとのこと。おそるべし、リンパマッサージ。

リンパマッサージ以外でこれは、と思った成功例としてはデコルテマッサージが目につきました。デコルテ(胸の上、鎖骨あたりの場所ですね)をマッサージすることによって1サイズアップしたそうです。こうして見てみると、バストアップに成功した人のほとんどがマッサージを実践した人達なのですね。

ウエストアップなしでバストアップを目指すダイエットエクササイズ

やわらかくて弾力があり、ふよっとやさしい女性のバスト。このバストはほとんどが脂肪によって形作られています。ということは、『バストを大きくしたいなら脂肪を増やせばいいのでは!?』と思うのが普通ですよね!実際、胸の大きな人は体脂肪率が高めのことが多いのです。

しかしながら脂肪を増やすだけではバストが大きくなるとは限りません。というよりも、脂肪が付きやすいのはまずお腹。いっぱい食べてふくよかになって胸も大きくしよう!と計画したところで、最初に脂肪が付くのは下腹付近なのです。これではバストアップの前にお腹周りの太さがアップしてしまいます……。

というわけで、脂肪を付けずにバストアップを目指そう、というのが今回の試みです。バストは確かに脂肪の塊ですが、脂肪をつける方法以外でも胸を大きく見せることはできます。そのために実践していきたいのが、脂肪燃焼系のダイエットエクササイズ。

ダイエットをしてしまったら胸の脂肪も少なくなるのでは?と思うかもしれませんが、このエクササイズの実践とバランスのよい食事を合わせることで、腰回りはスッキリ、胸はつんと上向きのキレイな体質になることができるのです!そうすれば、もし胸の大きさ自体が変わらなかった(大きくならなかった)としても、問題ではなくなってきます。胸の見た目が美しくなることでサイズ感が増すので、今までは小さいかも……なんて思っていた胸、実は案外サイズがあることに気づくことができるかもしれません。

まずエクササイズですが、“筋肉を鍛えること”と“脂肪を燃焼すること”に集中しましょう!肩甲骨を中心とした「肩コリをほぐすエクササイズ」や「骨盤強制エクササイズ」などが良いですね。また、胸を支えている広頚筋と呼ばれる筋肉(首筋にある筋肉です)を着耐えるとバストアップにもとても効果的です!実は広頚筋は、バストを支えている大切な筋肉なんですよ。

広頚筋を鍛えるエクササイズはとても簡単です。まず背筋をピンと伸ばして、肩がやや後ろに引っ張られているようなイメージの姿勢になってください。そして口を横いっぱいにイ~ッと伸ばします。これを10回行うだけです。本当に、いつでもどこでもできますので、気づい時、時間が空いたときに何回でも行ってくださいね!

なお、筋肉を鍛えると胸がガチガチになるのでは?なんて心配は無用です!筋肉を鍛えるのはあくまでバスト全体を上に引っ張り上げる力をつけるため。やわらかくてふっくらした魅力は残されたままなので、ご安心あれ。

リンパマッサージで悪いものを全部排出してバストアップに繋げよう

毎日ちょっと意識してマッサージをするだけでバストアップができるとしたら嬉しいですよね!エステにいくほど本格的ではないにしろ、自分で行うマッサージの効果は結構あなどれません。今回のテーマは、ずばり“リンパマッサージ”です。

この記事をご覧になっている皆さんは、リンパ腺という言葉を聞いたことがあると思います。正しくはリンパ節というのですが、こちら、体中に張りめぐらされている免疫器官。役割は悪い要素を撃退そして排出すること。このリンパ節を刺激することによって、老廃物を除去して免疫をさらに高め、ついでにバストアップもしちゃおう!というのがバストアップリンパマッサージの目的です。でも今回の場合は逆ですね。バストアップを目指すついでに、ウイルスにも強い美しくて健康な体になろう!というわけなのです。ほんの数分で出来てしまうマッサージをご紹介しますので、寝る前、ベッドやお布団の上であなたも試してみませんか?

さて、まずは準備からです。何も付けずに行ってもいいですが、ボディ(マッサージ)クリームやアロママッサージオイルなどを使ってもオッケーです。クリームならリラックスできる香りのものを。アロママッサージオイルでも自分がリラックスできる香りのものを用意すると良いでしょう。(アロマなら好きなオイルを使って自分で手作りすることもできますし、そういったことに興味のある方は是非アロママッサージクリーム作りを体験してみてください!)それではマッサージをしていきましょう!

1.横になりましょう。頭上にスペースを確保してください。リラックスして、両手をあげてバンザイのポーズをします。リンパ節は脇にありますので、片方の手でちょうど胸と脇がくっついているあたりをぐっぐっと押すようにマッサージします。右胸をマッサージするときは左手で。左手をマッサージするときは右手で。体の中心から胸をすくい上げるように手のひらを滑らせて、脇まで辿りついたらぎゅっ、ぐっ、ぎゅっ、といった具合です。

2.起き上がって、両脇から中心に、胸を押し上げるようにして前へ前へマッサージするのもお勧めです。脇にあるリンパ節を意識して、そこと親指で刺激しながら、乳房を下から上に持ちあげます。強めに(でも、痛くなくて、気持ちいくらいに)するのがコツ。

3.ついでに首筋のリンパ節も刺激しておきましょう。手をグーの形に握って、鎖骨のあたりから耳と首の付け根までをぐ~っと、拳で挟み込むようなイメージで押し上げマッサージ!耳の下のほう、顎に沿うようなところにリンパ節があります。風邪をひいたりしたときに、ちょっと腫れる人もいますね。あの場所です。

1~3までを3セット行ったら完了。マッサージの間の呼吸は止めないようにしてくださいね。終わったら大きく深呼吸をして、そのままぐっすりおやすみなさい!これを毎日こつこつ続けることで、綺麗な形のバストを保つことができますよ!

成長ホルモン投与でバストアップの効果が期待できるワケ

バストアップ関係の情報を集めていると“成長ホルモン”という文字をよく見かけます。それもそのはず。成長ホルモンがバストアップに大きく関与しているからなのです。

成長ホルモンは子供が大人になるまでのあいだ、ちょうど二次成長期にたくさん分泌されています。小学生から中学生、または中学生から高校生に成長する過程で胸が急に大きくなった!というのはこの成長ホルモンのせいなのですね。成長ホルモンが乳腺にあるラクトゲン受容体に作用すると、乳腺が発達して胸がおおきく成長する、という仕組みなのです。

でも成長ホルモンは大人になるにつれ、だんだんと分泌量は減ってしまいます。ですが、もしこの成長ホルモンの分泌を増やすことができたら……そして、ラクトゲン受容体を作ることができれば……大人になってからでも胸が大きくなるというわけです。

しかしラクトゲン受容体ができるかどうかには個人差があって、成長期に沢山できる人もいれば、残念ながら一生できない人もいます。ラクトゲン受容体がまったくできないという人は、成長ホルモンによるバストアップは期待できません。ですが現在は医学的な分野でどうにかラクトゲン受容体を作りだすことはできないのか?という研究はなされているようです。なので、まだ希望は捨てないでください。

さて、成長ホルモンをラクトゲン受容体に作用させるためには、成長ホルモンの分泌が多ければよいということは先程説明しました。ではどうすれば成長ホルモンの分泌を増やせるか、ですね。

成長ホルモンは寝ている間……つまり夜中の内にもっとも多く分泌されます。ですので、その分泌を助けるための栄養素を寝る前に摂取して、ぐっすり睡眠をとることが大切です。ここでいう栄養素とは、ビタミン、ミネラルのことです。大豆製品、魚介類に含まれていますよ。若い人によく多いのですが、夜中に起きてテレビを見ていたり、コンビニにお買いもの……という生活では成長ホルモンは体のなかで上手く分泌されません。しっかり寝ることを心がけましょう。

また、成長ホルモンスプレーなるものが存在しているようです。外的にホルモンを吸収させよう、という目論みですね。こういったアイテムを使うのも一種の手と言えますが、人によっては合う、合わないがあるでしょう。できるだけ自然な形で成長ホルモンの分泌を促すには、やはりきちんとした生活習慣を心がけることと、必要な栄養素を含む食品を選んで食事をすることでしょう。

自分の体質にあった理想のバストアップ方法を見つけよう!

世の中の多くの女性が美容と健康に興味を持っている時代ですね。その中でも群を抜いて情報過多なのがお肌のハリツヤに関する情報、美しい髪のお手入れ方法、ボリュームアップ方法等。そして胸を大きくするにいはどうしたいいのか?という悩みに関するものです。女性らしくありたい、と思う欲求はごく自然なもの。その女性らしさの象徴として、女性だけが持つ「胸」への意識は高くてもなんらおかしくありません。大抵の人は、できれば大きく(大きすぎても困るみたいなので、ほどほどに)、形もよく、上のほうを向いていて欲しいと思っているようです。

最近は、様々な方法にて成長期以外の成人女性でもバストアップが可能であるかどうかが検証されています。医学的にもたくさんの研究がおこなわれていますね。運動が体にいいことはもちろん、バストアップ効果も期待できることが噂されていますし、実際に体を鍛えて年齢に負けないハリのあるバストを保っている方もいらっしゃいます。さらに、そういったエクササイズに加えて、自分が毎日口にする食品をちょっと改善すればさらに効果があることが専門家の方々によって提唱されています。これらの方法は根気良く、長期間続けることで効果が現れるもの。ですから、今すぐ胸を大きくしたいという人はちょっともどかしく感じるかもしれません。

毎日努力をして結果が出るかわからないよりは、手術をしててっとり早く胸を大きくしたいという方もいらっしゃいますね。間違ってはいないと思いますし、法的許されていることですから、それは恥じることではないと思います。ただ、豊胸手術は美容整形ですし、保険は適用されません。よってお金がかかります。そして、手術による副作用は全ての人に起こりうる可能性があるので、そういったことに覚悟が必要でしょう。手術はあくまで最終手段。どうしてもというときの切り札として考えている方が多いですね。

胸に貼るバストアップテープというものも存在しています。今ある胸を物理的に持ち上げて大きく見せる方法です。これは誰もがお手軽に試せる素敵なアイテムですが、胸がもともと小さくて持ちあげられる余裕がないという人には向いていません。また、肌が弱い人も避けたほうが良いでしょう。テープで肌がかぶれてしまったという例もありますから。また、この方法だと実際にバストが大きくなったわけではありませんね。あくまで、一時的にバストを大きく“見せたい”場合の対処法となります。

このように色んなバストアップ方法がある中で、全くお金のかからない方法、手間のかからない方法、体に害のない方法、三拍子揃うものはなかなかありません。どこをとっても都合が良い方法というのは残念ながらないようです。どれが一番自分に合っているかを見極めるのはとても大事なこと。

おすすめは、時間こそかかってしまいますが、体を鍛える・食事によって体質を改善する、エクササイズ&食事改善方法。胸によい栄養素を摂って運動するという、人間にとってごく当たり前のことを意識的にするだけで、今よりワンサイズアップしたバストを手に入れることができます。そして、この方法なら、例えば食品アレルギーをお持ちの人でも自分に合った食品を選ぶことができますし、運動方法もたくさんあるなかから自分ができるもので続けていくことができます。気が急いては事をし損じるもの。時間が許すのなら、あせらずにゆっくり美しいバストを手に入れませんか?

手術はなし!おうちでDVDを見ながら胸を大きくする方法

「胸を大きくするために手術までするのはちょっと……」「自分でエクササイズするっていっても方法がよくわからない……」そういったお悩みを解決してくれるのが、DVDを視聴しながらのバストアップエクササイズや、バストアップダイエットです!テレビとDVDプレイヤーがあれば自宅で空いた時間に実践できますし、エステに通うような面倒なことはないですし、費用も大分押さえることができます。

ところで、バストアップDVDと言っても、その教材には実はいくつか種類があるのです。テレビで紹介された有名な先生が慣習しているものから、海外から輸入されているようなものまで。ダイエットとバストアップというセット項目で探すと、それはもうたくさんの数のDVDの情報が出てきます。

バストアップだけに絞って探してみると随分絞り込むことができました。本体の定価は4万円~6万円を超すものまで実に様々!特典やキャンペーン等で1万円強になっている教材もあるみたいですね。内容は、どれも胸を大きくするためのエクササイズやマッサージ法などが解説されていて、モデルさんが登場し、実際の効果を説明しているようなもの。こういった構成は大体同じようです。

でも、例えば“どのようにバストアップを目指すのか”等が異なります。胸を直接大きくするためのマッサージなのか、または胸を支えている筋肉を鍛えることによってバストアップ効果を狙っているものなのか。単純にエクササイズをしてやせることで胸を強調させるのか……。自分がどんな風にバストアップしたいのかによって、DVD教材を選ぶ必要はありそう。

選ぶときには、DVD以外につく“教材プログラム”にも注目したいところ。バストアップ以外にも小顔になるためのケア方法や、足痩せについても解説があるなど、バストアップ以外の美容に関する内容が含まれている商品が結構多いのです。DVDを見るだけでは実際にバストアップの効果がわからないな、とか、この方法はこういうやり方であってるのかな、とか、無いように関する質問にメールで応えてくれるようなサービス(180日間等、期間制限はあります)も、ついていたりついていなかったり。教材によって異なります。

ですので、自分の目的にあったDVD教材を選ぶためには、その教材の内容を把握したうえで購入したり申し込みするべきですね。また、教材内容の他には金額や、返品保証があるかどうかなどのチェックも怠らずに!いろんなDVDを試してレビューしてくれている個人サイトさんもありますので、参考にするのも良いと思います。手軽に試せる価格とは言いづらいですし、あわてて目に着いた教材を購入するのではなく、熟考の上で活用するのがベストだと思います!

1 2 3 4 >